包茎手術

包茎や包茎手術について

男性の悩みのひとつには、ペニスの亀頭部に余分な包皮が覆い被さっている包茎といった悩みがあり、日本人男性の約3分の2が包茎と言われています。この包茎には仮性・真性・カントンという3種類に分けられており、こうした3種類の包茎は、病院やクリニックなどで包茎手術を受けないと改善できないことがあります。また包...

≫続きを読む

包茎手術を受けた後の傷痕は残る

包茎になってしまったら包茎手術を受けた方が良いと言われていますが、大事な体の一部なので手術を受けるのは大きな決断になります。しかし包茎手術に関する知識を学んでおけば、少しでも不安を取り除くことができますし、手術を受けるという後押しになりますので、包茎手術について学んでみてください。ここでは手術を受け...

≫続きを読む

包茎手術を受けた後の痛み

包茎を治すのには包茎手術を受けるのが良いと言われていますが、体の大事な一部にメスを入れるという事は、それなりの覚悟と勇気が必要になるでしょう。そして包茎手術を受けるという男性は、費用が気になるところですが、手術を受けた後の痛みが気になる人も多くいると思われますので、手術を受ける前に把握しておきましょ...

≫続きを読む

泌尿器科で包茎手術を受ける

包茎を改善する方法の包茎手術は、クリニックで受けることができますが、病院にある泌尿器科でも包茎手術を受けることができますので、クリニックか病院かで悩んでいる男性は参考にしてみてください。泌尿器科というところは、主に腎臓・膀胱・尿道・尿管などの尿路系の治療を扱うことや、睾丸・陰茎・前立腺などの、生殖器...

≫続きを読む

包茎手術はいくらくらいかかるの?

費用の面であまり神経質になる必要のないのが、健康保険が利くような形で手術をうける場合です。真性包茎、カントン包茎の人が、泌尿器科で手術を受ければ、二万円か三万円です。診療報酬は国が計算方法を指定しており、大差は出ません。ただし「泌尿器科&保健医療」の条件で行われるのは、「背面切開法」など、包茎の程度...

≫続きを読む

包茎手術の後にしてはいけないこと!

包茎手術を受けた後、しばらくは安静期間をとる必要があります。回復状況を見て、傷口に負担の小さいものから順次再開していく慎重さが必要です。まずは、入浴の類です。シャワーであれば、三日目ぐらいから可能とされています。ただし、傷口を強くは洗わないようにする必要があります。水圧による刺激も避けたほうがいいで...

≫続きを読む

勃起時に合わせた包茎手術

具体的な手術の内容としては、単に皮を切り開くだけではなく、一部を取り除くのが一般的です。こうやって、亀頭が常時、外に出るようにします。この時に配慮しなければならないのが、通常時と勃起(ぼっき)した時の差です。当然医師の方で分かっていないといけないことなのですが、念のために医師に対して念押ししておきま...

≫続きを読む

包茎手術の前にカウンセリングを受ける

包茎に悩み、ひとりでじっくり考え、「施術を決意し、そこで病院やクリニックに行って、その場で手術の申し込みをする」……という手順はとらないほうがいいです。手術を決意する前に、まずはカウンセリングに行きましょう。多くのところが無料でやっています。内容としては、「手術時間や入院・通院の要不要」「手術方法に...

≫続きを読む