包茎手術を受けた後の傷痕は残る

包茎手術を受けた後の傷痕は残る

包茎になってしまったら包茎手術を受けた方が良いと言われていますが、大事な体の一部なので手術を受けるのは大きな決断になります。

 

しかし包茎手術に関する知識を学んでおけば、少しでも不安を取り除くことができますし、手術を受けるという後押しになりますので、包茎手術について学んでみてください。

 

ここでは手術を受けた後の、ペニスに残る傷痕について説明しますが、基本的に包茎手術のほとんどは切開や縫合が付き物ですので、傷痕は残るものだと思っておいてください。

 

ひと昔前の手術や技術力の無い医師が行った場合、縫合した箇所と陰茎の色がツートンカラーになることがあったのでが、最近ではこうした目立つ傷痕が残るようなことは減ってきました。

 

また手術の種類によっても傷痕が違っており、特に亀頭直下埋没法という手法では、
傷痕が亀頭のすぐ下に隠れてくれるので、ペニスが勃起していない時は全くと言っていいほど目立ちません
だから傷痕は残ってしまいますが、目立つことはありませんので、誰に見られても恥ずかしくありませんし、包茎手術を受けたと言わなければ、誰も疑うことはしないでしょう。

 

それに根部形成法という手術は、
ペニスの根元で切開しますので、傷痕が陰毛に隠れて目立つこともほぼありません。

 

包茎の手術を受けようと考えている男性は、技術力のある医師がいるクリニックを選び、その医師が手術をした画像を見せてもらって、傷痕が目立っていないようだったら、その医師に任せるのも良いでしょう。

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら