包茎手術を受けた後の痛み

包茎手術を受けた後の痛み

包茎を治すのには包茎手術を受けるのが良いと言われていますが、体の大事な一部にメスを入れるという事は、それなりの覚悟と勇気が必要になるでしょう。
そして包茎手術を受けるという男性は、費用が気になるところですが、手術を受けた後の痛みが気になる人も多くいると思われますので、手術を受ける前に把握しておきましょう。

 

病院やクリニックなどで包茎手術を受けた時は、手術中は麻酔が効いていますので痛みを感じる事はありませんが、麻酔の効き目が切れた時は少し痛みが出る時もあるようです。

 

この痛みはペニスにできた傷口の周辺が、ジンジンと痛くなることが多くあるようで、短い人で1日くらいで治まりますが、長い人だと数日間は続くと言われています(個人差があります)。

 

また術後の数日間にペニスが勃起してしまうと、傷口が痛むことがありますし、むくみや腫れが出る時もありますが、手術によって一時的にリンパ液や静脈の循環が悪くなっているだけなので心配ないようです。

 

しかしむくみや腫れが一週間くらい続いてしまった時は、他の原因も考えらますので、包茎手術を受けたところで診てもらうようにしましょう。

 

そして手術を受けた後には、痛み止めを処方されると思いますので、どうしても痛みが我慢できない人は、用法や用量をしっかり守って飲むようにしてください。

 

それに痛みを感じた時は無理に我慢してしまうと、炎症や病気を引き起こしてしまうこともありますので気を付けてください。

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら