泌尿器科で包茎手術を受ける

泌尿器科のデメリット

包茎を改善する方法の包茎手術は、クリニックで受けることができますが、病院にある泌尿器科でも包茎手術を受けることができますので、クリニックか病院かで悩んでいる男性は参考にしてみてください。

 

泌尿器科というところは、主に腎臓・膀胱・尿道・尿管などの尿路系の治療を扱うことや、睾丸・陰茎・前立腺などの、生殖器系の検査や治療を行っているところです。

 

この泌尿器で包茎手術を受けますと、あくまで治療を目的としていて、医師の技術力があまり無いため、包茎手術を受けた後の仕上がり具合は良くなく、あまり満足できるものではないと言われています。

 

また泌尿器科は総合病院の中にあることが多いため、他の患者さんに聞かれたくないことを聞かれてしまうこともありますし、普通の患者と同じ扱いなので看護師に見られて恥ずかしい思いもするようです。

 

しかし真性包茎の場合は、泌尿器で手術を受けると健康保険が適用され、費用が2万円から5万円くらいしか掛かりませんので、真性包茎の男性はクリニックより泌尿器科のほうが良いかもしれません。

 

最終的に泌尿器科かクリニックかを決めるのは、本人になってしまうのですが、傷痕などの仕上がり具合や、気を配った対応のこと、それに費用のことなども考慮してください。

 

どちらにしても良いことや悪いことが付きまとってくるのですが、後々のことを考えて、費用の安さで選ぶよりも見た目を重視して、クリニックで受けた方が良いのではないかと思われます。

 

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら