包茎手術 費用

包茎手術にかかる費用

費用の面であまり神経質になる必要のないのが、健康保険が利くような形で手術をうける場合です。

 

真性包茎、カントン包茎の人が、泌尿器科で手術を受ければ、二万円か三万円です。診療報酬は国が計算方法を指定しており、大差は出ません。

 

ただし「泌尿器科&保健医療」の条件で行われるのは、「背面切開法」など、包茎の程度を軽くする程度のものです。これでは、仮性包茎の状態まで持ってくるのが限界です。

 

もし、完全に包茎からおさらばしたいのならば、泌尿器科でも保険の利かない種類の手術をしてもらうか、最初からクリニックに行く必要があるのです。手術の種類としては、「亀頭直下法」「根部形成法」です。

 

こうなると、自由診療です。つまり、治療費・手術費は泌尿器科やクリニック側で決めることができます。一応のメドとしては、十万円か三十万円です。

 

クリニックの場合、大幅に安い料金を提示している場合もあります。用心したほうがいいでしょう。こういった場合には、旧式の手術方法も古いままのところもあるのです。

 

また、「広告での費用と、実際の費用が大幅に違った」「事前には説明のなかった料金が後から次々と請求された」として、クリニックと患者の間で裁判になっているような例もあります。

 

中には「キャンペーン」などの名目で期間限定の割引料金を設定していることもあります。まともなところがやっているのなら、かなりのお得になるでしょう。情報収集が大事になってきます。

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら