包茎手術後 禁止

包茎手術の後に注意すべきことは?

 

包茎手術を受けた後、しばらくは安静期間をとる必要があります
回復状況を見て、傷口に負担の小さいものから順次再開していく慎重さが必要です。

 

まずは、入浴の類です。
シャワーであれば、三日目ぐらいから可能とされています。ただし、傷口を強くは洗わないようにする必要があります。水圧による刺激も避けたほうがいいでしょう。傷跡の残る陰茎を避けることが出来るのならば、手術当日からぬれタオルで体をふいたり、洗髪するぐらいは可能です。

 

次に、お酒やビールなどの飲酒です。
こちらは一週間は控えましょう。直接は関係ないように思えるかもしれません。が、傷口が化のうする原因になることがあります。

 

自動車の運転は、シートに傷口が当たるようなことさえなければ、手術当日からでも可能です。

 

一方、自転車やオートバイはそういうわけにはいきません。どうしてもサドルで股間(こかん)を刺激してしまいます。まずは、一週間は様子を見ましょう。

 

スポーツやエクササイズは、傷口が開いてしまうのが心配です。メドは一週間です。

 

もっとも慎重にするべきは、セックスやマスターベーションです。
陰茎に直接の負担をかけるのですから当然でしょう。メドは一カ月ぐらいです。包茎手術を受けたならば、長年の悩みが解消して、どうしても活動的になる人も多いようです。が、急いでは後悔することにもなりかねません。

 

ここに挙げた再開時期には、個人差があります。自分勝手に決めずに、医師に相談するようにしましょう。

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら