包茎や包茎手術について

包茎や包茎手術について

男性の悩みのひとつには、ペニスの亀頭部に余分な包皮が覆い被さっている包茎といった悩みがあり、日本人男性の約3分の2が包茎と言われています。

 

この包茎には仮性・真性・カントンという3種類に分けられており、こうした3種類の包茎は、病院やクリニックなどで包茎手術を受けないと改善できないことがあります。

 

また包茎になっているペニスは、包皮が覆い被さっている亀頭部に雑菌がわきやすくなっているので、放っておくと感染症や炎症を引き起こすこともありますので、包茎手術を受けた方が良いのです。

 

それに軽度の仮性包茎は自分で包皮を剥くことができますし、勃起した時には自然と包皮が剥けるので、お風呂に入った時に綺麗に洗えるから病気になる可能性は低いです。

 

しかしカントンや真性は、包皮を剥くことができないこともありますので、亀頭部を綺麗に洗うことができませんし、包皮を無理に剥いてしまうと痛みがありますし、亀頭部に傷ができてしまうこともあります。

 

また無理に包皮を剥いた事で、包皮が亀頭部に引っ掛かり戻らなくなってしまい、ペニスが締め付けられてうっ血や激しい痛みを感じてしまいます。

 

こうしたことからカントンや真性、それに重度の仮性包茎のペニスは、包茎手術を受けた方が良いと言われています。

 

また包茎手術を受ける前に、知っておいた方が良い知識がありますし、病院やクリニックなどの情報がありますので、しっかり調べてから受けに行くと良いでしょう。

 

 

包茎手術のおすすめクリニック比較はこちら